忍者ブログ
昨年東京ビッグサイトで開催した『2014楽器フェア』。
大きな会場へ沢山のメーカーや代理店や楽器店、工房が集まり、各ブースでイベント、新製品のお披露目、販売があり、それを体感するべく沢山のお客様がご来場されました。
そう、ミュージックプラントもしっかりブースを出店し、オリジナルギターT9やメーカーとコラボのプラントオリジナルのお披露目と販売を行いました。
さて、今年は2年に1度の楽器フェアがない年なのですが、昨年の勢いもあって、プチ楽器フェアというか『MusicPark2015』という企画を渋谷ガーデンタワーのベルサール渋谷ガーデン1F、B1Fで開催とあいなりました。
今年は出展はせず、ちょっと覗いてきましたのでご報告がてら。


左の画像:入館して最初に営業さんに連れて行かれたのがここ。前から紹介して頂いているiPoneカバー/ROCKヴァージョン!METALICAが人気。比較的新しいドリームシアターも人気とか。革製の物もあるぞ。
真ん中:今回の目玉?仮面女子が楽器と絡んだ水着カレンダーという不思議な物。本人達が登場するイベントも開催された。コレを見るだけの為に来場する人も少なくない!? ※因にプラントにもカレンダー入荷しました♥
右の画像:久しく行っていないカラオケ。楽器の練習が出来ると聞いた事はあるがここまで進化していました。JOYSOUNDさんが楽器フェアに!? これまた時代ですね〜。
order1
order1
order1









左の画像:オーディオテクニカブースには運動会の入場門バリのヘッドフォンが!このサイズだと身体が吹っ飛ぶくらいの爆音・・・です。更に巨大な6100もあって大人気でした!シャッタースポット化してましたね。
真ん中:YAMAHAのデジタルブース。往年の名機がちっちゃくなって新発売!のタイミングだったので試奏の人が後を絶たない盛況ぶり。スタッフさんご苦労様です。
右の画像:こちらもYAMAHAですが、管楽器。毎回どこの会場でもこのジャンルは皆さん試奏に余念がない。マイ・マウスピース当り前っす。しかも中高の吹奏楽部は女子多し!
order1
order1 order1











左の画像:今回のIbanezはアコギのみ!そう、時代はアコギなのです。本気と書いてマジと読む、そんなマジな国産のアコギを発表!外付けプリアンプ付属の2機種!月産2~3本というレアもの。25~30万くらい。
真ん中:ファンド・フレットの波はアコギにまで来た!弾いてみたけど1Fのバレーコード無理っす。斜めっててバレーがキツイ。フィンガーピッカー向けですな。お手頃な10万円。
右の画像:YAMAHAアコギブースにあった2ヶ月前に行われたアコースティックマインドの出演者のサイン付トップ板。
order1 order1 order1














左の画像:最近メキメキと認知度が上がっているDCTからVGのカスタムオーダー品2発!一見普通ですがVGならではの素材の良さ、仕上げの良さが光ります。
真ん中:DCTブランドでもギター女子層を狙ったスロッテッドヘッドの素敵なアコギを発表!薄めのボディー、握りやすいネック、2.5mmに拘った弦高、ヘッド角も緩めてとにかく女の子に優しいギターだ。
右の画像:会場内のステージではアメリカンなサウンドが演奏され、屋台で買ったおいしい物をほおばりながらまったりと楽しむ図。
order1 order1 order1












左の画像:エレクトロハーモニクスではコンパクトでリーズナブルなENO MUSICを中心に紹介。
真ん中:ヤマハブースのLINE6最新最強マルチ!HELIXがヤバかった。45アンプ、30キャビ、16マイク、70エフェクトを搭載し大型液晶カラーディスプレイにシンプルに表現され殆どの操作が1つのスティックと4つのボタンでできてしまう。フットスイッチもカラーアサインも文字も自由に変更出来る。踏む、触れるの二つの操作可能。今んとこ最強じゃないすか。¥218,000。
右の画像:ヤマハのデモンストレイションをしているギタリストの安部さんが丁度いたので目の前で実演してもらった。安部さんも興奮状態。会場暑いっすね。と汗をかきながらスイスイスイと音作り。今まで使った中で一番使いやすい。とは安部さんの言葉。
order1 order1 order1














左の画像:KORGイチオシのアレンジャーキーボード・Liverpool!見た目も良いけど機能が良い。自分の想い描くサウンドが簡単に創れてしまうキーボード。お試しの女の子も沢山でした。
真ん中:RolandのJP,JX,JUモバイルシンセも大好評!ミニ鍵盤の弾きづらさは鍵盤が深く沈む事で解消。本体と鍵盤部が組み合わせできるのも良い。もちろんサウンドもね。
右の画像:HAMMONDには女子がいっぱい。ハモンドオルガンなんてROCK男子のイメージ強いけど時代は変わったんですね。レスリースピーカーの説明にキャーキャー。
order1 order1 order1












左の画像:ヤマハDTXに新商品。キックパッドが新しい!でっかくなって分厚くなって打面はかなり沈み込む感じで触るとブヨッとしてるけどペダルで踏むと良い感じ。DTX582K、12月発売!
真ん中:STRが一本ものを沢山並べてました。既にSOLDの札もチラホラ。そんな中、燦然と輝くこの1本。お値段なんと140万円!貴重なスネークウッドをトップとバックに奢った逸品。スネークウッドはお箸一膳でも8万くらいするらしい。高級ステッキなんかも100万越え!あまぎ〜越え〜。
右の画像:これもSTRのエイジド加工ならぬ塗りの1本!この錆びた感じ(古いアメリカントラックのイメージらしい)は職人さんがスポンジでポンポンポンとちょっとずつ付けていくという気の長いおはなし。ネック裏以外は全部この加工してありました。
order1 order1 order1












左の画像:いつもお世話になっているイースペックさんのブース。学園祭や小さなBARとかでやるイベントやライブを狙った派手派手演出物。これは手のひらサイズのレーザー!未来やなぁ〜。
真ん中:手のひらサイズとは行きませんが、ムービングがこんなに小さくなってる。しかもPCで自在にコントロール。ディスコに最高。フィーバー!
右の画像:GENZ-BENZが一世を風靡したのはかなり前。同じ創始者のGENZLER。始めて見ました。独特のスピーカー配置。800Wかな。
order1 order1 order1














左の画像:泣く子も黙るリッケンバッカー!リバプールなイメージのギターなのにフレイム柄が似合う!カッコイイ!こうして時代は移り変わってゆくのだね。
真ん中:ヘフナーは変わらない。と思っていたらやっぱりいろいろ冒険があるんですね。でもどのメーカーも最後には『19◯◯年の復刻版』という原点回帰です。
右の画像:マーシャルコーナーで、担当さんにイチオシは?と聞くと『コレ』と。シルバージュビリのMS-2ヴァージョン。あのサウンドはしませんが、部屋に置くにはいいかも。
order1 order1 order1














左の画像:これ、私のイチオシ。SUZUKIで見つけた5穴ハーモニカ。10音あれば大丈夫という謳い文句。ホーナーのキーホルモニカもいいが、これはもう少し大きくて色がカワイイ。コレからの季節に是非。
真ん中:あ〜見つけてしまった。某楽器店さんが販売していたワッシュバーン時代のラインストーンFV。ストラップもご本人仕様。欲しいわ〜。
右の画像:一緒に転がっていたのはスタインバーガー。只のスタインぢゃない、本人がノーメイク時代に使っていたやつだね。サインも入っておねいさんのステッカーもイイ感じで剥がれてて。価格応談か。
order1 order1 order1















ドラムパラダイスは奥の方のブースに各社2セットづつ自由に叩ける状態でセッテイングされていると言うドラマーにとっては夢のような空間! 左から:DWのJAZZスタイル2種、土浦店A-1スタジオでも人気のSONOR、GRETSCHの渋い艶消しセット。
order1 order1 order1 order1









ドラマーにとって夢のパラダイス空間は、そうでない人達にとってはかなりキッツイ空間。ほとんどのドラムが一斉に違う事をやっているので何が何だか・・・。叩いた人だけが知る楽器の良さ。 左から:パールのクリスタルビート4バス!要塞です。秘密基地にはなりません。目立ち過ぎます。sakaeのLimited Colorセット。ブラックオイスターカラーが渋い!TAMAの2セット。カメラを向けたら突然狂ったように叩きだしたので思わず逃げました。YAMAHAのアブソルートハイブリッドメイプル。カッコイイ!ヤマハはハードウェアも含めカッコイイです。
order1 order1 order1 order1









左の画像:さてこちら、ミュージックプラントでも大人気のPRS。ミュージシャンの私物展示コーナーにあったこの1本はSUGのmasatoさん所有ギター。トークショーでも言ってくれたようですが、ミュージックプラント土浦店でご購入頂いたモノ。しかも結構前ですね。大切に使って頂いているのを見ると嬉しい限りです。
真ん中:はい、YAMAHA SGとアルトサックスですね。でもちょっと周りの雰囲気が違いません?
右の画像:はい、こんな所に展示してあるのを発見したのでお伝えします。画像の左端です。先日行ったモーターショーのYAMAHAブース。このバイク、あちこちにサックスと同じ彫金がしてあるのです。楽器の技術をバイクに活かした芸術的な1台!おそれいりました。
order1 order1
order1












さて、駆け足でお伝えしたMusicPark2015ですが、いろんなところで早々と情報が出回っていますが、こんな何となくの目線でのレポートもいいんじゃないでしょうか。 気になるものがあったら是非ミュージックプラントのスタッフへお問い合わせください!
PR
(C)Music Plant Blog
Music Plant
忍者ブログ | [PR]

Blog Skin by TABLE ENOCH
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
What' New!
Categories
Topic Finder
Links
RSS
QR code
Archives