忍者ブログ
今回も歪みエフェクターのレビューです。Keeley electronics BD-2 mod "Phat Tube"を取り上げてみました。



巷で話題のBOSSコンパクトエフェクターのモディファイ、つまり改造です。
BOSSモディファイは様々なブランドが手がけてますが、このKeeleyも有名ですね。
Blues DriverことBD-2はもともと人気のエフェクターです。その歪みのキャラクターは取っ付き易く、歪み方もクランチから激しい歪みまで幅広くカバーしてます。
もともとが良いので、そのポテンシャルを最大限に引き出す様、チューニングしなおす事により、相当良い歪みが得られる事は想像に難くないかなと思います。
実際、内部コンデンサ等を高価なパーツに変更したり、定数を多少いじったりしてます。
モディファイ内容の詳しくは説明書に書いてありますが、それは買った人のみの特権という事で、ここでは割愛。

さて、早速試してみましょう。
お、LEDは青色に変更してあります。かっこいいっすね。
歪みのキャラクターはほぼBD-2そのままですが、ちょっと奇麗な歪みになってます。あと低域と高域のレンジがいい感じで伸びてますね。
結構歪ませても低域が痩せませんので迫力ありますが、オリジナルよりコンプ感がある感じがします。3時より右に回すとちょっとつぶれるかな。

つまみ右側のスイッチはゲインブーストかと思いきや、実は「phatスイッチ」で、その名の通りコンデンサーのキャパシタンスを変更する事により、低域を"phat"つまり"Fat"にするスイッチです。自然に低域が足されます。シングルコイルのギターなら常時オンにしてもいいですね。ハムの場合、結構歪ませたときに逆に低域がジャマになるかもしれません。

しかし、根本的にはやはりBD-2ですね。モディファイもやりすぎて無く、BD-2のキャラクターを殺さずに、一段も二段も高品位に仕上げてあります。
このモディファイはとてもバランスが良く、まさにお手本の様なモディファイです。自作だとこのバランスはなかなか難しいです。ついついいじりすぎちゃったりしますから。

とりあえず、一発ジャーンってひいてみたら、「コレいいじゃん」って思っちゃうエフェクターです。
ぜひ、お試しください。


PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
(C)Music Plant Blog
Music Plant
忍者ブログ | [PR]

Blog Skin by TABLE ENOCH
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
What' New!
Categories
Topic Finder
Links
RSS
QR code
Archives