忍者ブログ
Music Plantのブログが始まりました。
オススメ商品の詳細レビュー等を更新していく予定です。
記念すべき初回はPre Sonus EUREKAを取り上げようと思います。
いきなり、マニアックな路線ですいません。


EUREKAは ディスクリートHA(マイクプリアンプ)+コンプレッサー+3バンドフルパラメトリックEQという構成になっています。センターにはVUメーターも。
では各セクションを見ていきましょう。
まずHAセクションです。[GAIN][IMPEDANCE][SATURATE] LINE,48V,-20dB,HPF(80Hz),Phaseと基本的な機能に加え、インピーダンスが可変になっています。
インピーダンスは、2500,1500,600,150,50の5つからセレクトする形です。連続可変ではありません。
また、本体自体には真空管は搭載されていませんが、真空管のサチュレーションをシミュレートする[SATURATE]つまみも。
MP20やMP80で好評だったIDSSと同等のものだと思われます。
MP20はよく使用するのですが、このIDSSが絶妙に効ききます。EQなどでは得られない効果のひとつではないでしょうか。

続いてコンプレッサー部ですが特に目立つ機能はありません。
といっても、[Threshold][RATIO][GAIN][ATTACK][RELEASE][SIDE CHAIN HI PASS]に加えバイパススイッチと、ソフトニーの切替スイッチが。
アタック、リリースが連続可変なのは嬉しいですね。fast/Slowの切替のみ、という機種も少なくない中このサイズにうまく配置してくれたなぁという印象です。
またサイドチェインに対してのハイパスフィルターも装備!至れり尽くせりです。ディエッサーとしての使用も簡単です。

さてVUをはさんでEQです。前述の通り3バンドフルパラメトリックEQです。
Low:20Hz-300Hz
MID:200Hz-3kHz
HIGH:2kHz-20kHz
Cut/Boostは10dBです。
思いっきりの良いEQが必要になる感じですね。決して効きが悪いわけではありません。むしろよく効く方に入るでしょう。
扱うパラメータが多いので、迷いが生じるかもしれません。
通常はComp>EQですがコレを切り替えるスイッチも装備しています。

一番右はMasterセクションでアウトプットレベルとVUメーター/GRメーターの切替があります。

音に関してですが、PreSonusのイメージどおりすっきりとクリーンな音です。
どんな楽器に関しても良い感じにアプローチできるでしょう。そういう意味でも非常にオススメの機材です。
オプションでADコンバージョンのボードが用意されていたり、insert I/Oもバランスで用意されていたりと文句なしです。






詳細ページ

Product Review


http://www.music-plant.com/

PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
(C)Music Plant Blog
Music Plant
忍者ブログ | [PR]

Blog Skin by TABLE ENOCH
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
What' New!
Categories
Topic Finder
Links
RSS
QR code
Archives