忍者ブログ
はい、みなさん、こんにちは!
M'arcyでございます。


今回もニッチでクールなベーシストにピッタリなアイテムをご紹介します!
今回は(も?)フラットワウンド弦をご紹介します!
OPTIMA 4099



OPTIMAはドイツの老舗弦メーカーでございます。
最大の特徴は、メッキコーティングを施されていることですね。
コーティング弦というと、普通はアースが取れずにノイズを発生させてしまいがちですが、
OPTIMAの弦ならノープロブレム!
そして、コーティングのおかげでツルツルを通り越したトゥルトゥルな触り心地です!

また、この弦もテンション柔らかく設定されています。
これはかなり重要なポイントです。

フラットワウンド弦は、通常ラウンドワウンド弦に比べて、
テンションが強くなる傾向があります。
というわけで、例えば.045~.105のセットのラウンド弦から、
同じゲージのフラットワウンドに換装すると、ネックが起きてしまうんですよね・・・。


が!

OPTIMA 4099やあのフラットワウンドの場合、
その常識は当てはまりません!

ネックへのダメージを心配されることなく、お使い頂けます!

さて、音はどうでしょうか。
サンプルとしては少々アレではございますが、
ワタクシM'arcyが普段愛用しているRickenbacker 4003にて
テストしてみました。

うーん、ぶっとくてダークです!
埋もれてしまうダークさではなく、
「ここにベースがいるんだ!」という主張があります!

ウッディとも言えますね、コントラバス的なイメージでしょうか。

ここでピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。
「ジェマーソン・セットを使いたいけど、ネック心配・・・」
という方!

これなら大丈夫ですよ~!望んだ音になりますよ~!
OPTIMAのフラットワウンドは珍しいかもしれませんが、
品質はピカイチです!
フラットワウンドマニアたるワタクシM'arcyのコメントです、間違いありません!

ついに入荷しましたので、ご案内ブログ解禁の巻でした~!
Auf Wiedersehen!
M'arcy
PR
(C)Music Plant Blog
Music Plant
忍者ブログ | [PR]

Blog Skin by TABLE ENOCH
Calender
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
What' New!
Categories
Topic Finder
Links
RSS
QR code
Archives